脱毛サロンによって異なる脱毛方法

近頃では面倒な自己処理が楽になると脱毛サロンに通う女性が増えてきました。
大手から中小まで様々なタイプがありますが、脱毛サロンによって脱毛方法が異なります。

 
脱毛できる点は同じですが、痛みや肌への負担など様々な違いがあるために事前に知っておきたいところです。

〇どんな脱毛方法があるの?

脱毛サロンで良く見られる脱毛方法は次の通りです。

 

・フラッシュ脱毛
・SSC脱毛
・SHR脱毛
・ニードル脱毛

〇フラッシュ脱毛の特徴は?

フラッシュ脱毛はインテンス・パルス・ライトと言う光のエネルギーを照射する脱毛方法です。
この光のエネルギーには黒い色に吸収される性質があります。

 
むだ毛の毛根には黒い色のメラニンがあり、この部分に吸収させています。
毛根は熱を加えると変性を起こす性質があり、本来持っている再生力が弱まります。

 
脱毛サロンによっては光脱毛と呼んでいることがありますが、仕組みは殆ど同じです。
フラッシュ脱毛は広範囲に照射ができるため、背中など広い部位の脱毛でもスピーディーに終了するのが良いところです。

 
家庭用脱毛器にも同じ仕組みのフラッシュ式があります。
自宅でいつでも脱毛できますが、脱毛サロンの業務用脱毛マシンの方が高性能です。

 
業務用には冷却装置も付いており、熱が発生してもすぐに冷ますことが可能です。
フラッシュ脱毛では毛周期の成長期に施術を行います。

 
それは成長期以外の毛根には黒い色のメラニンが殆ど無いからです。
退行期や休止期に照射しても脱毛効果が弱まってしまいます。

 
そのためむだ毛が薄くなるまで、自己処理が楽になるまで、脱毛サロンに何度も通うことが必要です。
多くの脱毛サロンで採用しており、幅広い地域の方で施術が受けられます。

〇SSC脱毛の特徴は?

SSC脱毛はスムース・スキン・コントロール脱毛と言い、専用ジェルを塗布しクリプトンライトを照射する脱毛方法です。
専用ジェルには制毛成分フィリニーブが含まれています。

 
この制毛成分は青い色の粒子に内包されており、クリプトンライトを照射すると粒子の膜が弾けて肌に浸透していくと言う仕組みになっています。
クリプトンライトが反応するのは青い色の粒子だけです。

 
そのためフラッシュ脱毛より痛みや肌への負担が少ないと言うメリットがあります。

 
フィリニーブは植物由来の成分中心のため、肌に浸透させても大丈夫です。
美肌成分まで含まれており、仕上がりもきれいになるのが魅力です。

 
フラッシュ脱毛同様、毛周期の成長期に効果が出やすい脱毛方法となっています。
大手脱毛サロンではミュゼや脱毛ラボなどで採用しています。

〇SHR脱毛の特徴は?

SHR脱毛は蓄熱式脱毛とも呼ばれており、低めの温度で蓄熱させると言う脱毛方法です。
瞬間的な高熱ではないため、痛みも肌への負担も少ないです。

 
フラッシュ脱毛では毛根に作用させていますが、SHR脱毛では毛包やバルジ領域に作用させています。
バルジ領域とは毛根より浅い場所にある毛の種を生成する領域のことを言います。
毛の種が毛根に下りていくとむだ毛の成長が促されます。

 
この領域にダメージを加えると毛の種が生成されなくなり、むだ毛の再生力が弱くなります。
メラニンに光のエネルギーを吸収させると言う脱毛方法ではないため、毛周期関わらずに施術することが可能です。

 
そのため全身脱毛でもスピーディーに終了するのが良いところです。
SHR脱毛マシンのルミクスツインなら全身脱毛が最短6か月で終了します。

 
冬に全身脱毛を開始した場合、早ければ夏までに間に合うのが魅力です。
さらにルミクスツインは1ショット当たりのコストが低いため、脱毛料金もお得な設定と言うことが多いです。
脱毛サロンのラココなどで採用している脱毛方法です。

〇ニードル脱毛の特徴は?

ニードル脱毛は美容電気脱毛とも呼ばれており、微弱な電流を用いる脱毛方法です。
毛穴に滅菌済みのニードルを挿入し、むだ毛1本1本処理していきます。
他の脱毛方法では永久脱毛までは期待できません。

 
しかしニードル脱毛なら永久脱毛が期待できると言うメリットがあります。
永久脱毛は証明するのが難しいために定義を設けています。
最後の脱毛から1か月後のむだ毛再生率が20%以下と言う定義です。

 
100%完全な永久脱毛ではありませんが、他の脱毛方法と比べると再生してくるむだ毛は少ないです。
その他にもデザインしやすいと言うメリットがありますが、痛みが強いと言うデメリットがあります。

 
脱毛サロンはクリニックとは違い、医療機関ではありませんので麻酔は使えません。
ニードル脱毛を正確に行うには高い技術力が必要です。

 
そのため認定電気脱毛士など技術力の高い施術者が在籍している脱毛サロンを選ぶことが重要です。
ニードル脱毛は大手エステティックサロンのTBCで採用しています。

〇終わりに

脱毛サロンで採用している脱毛方法について紹介してきましたが如何でしたか。
それぞれメリットやデメリットが異なるため、良く比較してから選んでみて下さい。

 
脱毛サロンは脱毛方法だけじゃなく、予約の取りやすさや通いやすさなども重要です。
重視したいポイントを決めておき、優先順位を付けておくと選びやすくなります。

甲状腺疾患の人は脱毛施術を受けにくい その理由は?

脱毛をして綺麗になりたい女性はたくさんいます。しかし、中には脱毛施術を受けにくい人もいます。。それは病気のある人です。ここでは脱毛施術に不利になる甲状腺疾患と脱毛の関係性について知りましょう。

・甲状腺疾患とは何か

甲状腺疾患とは甲状腺に関係する病気の総称を言います。甲状腺の病気にはいくつか種類があります。ホルモン合成や分泌に異常を起こす機能亢進症。ホルモンの猛省や分泌が落ちる事で起こる機能低下症です。

 
これら2つに大きくは分類できます。甲状腺機能亢進症は良く知られているものにはバセドウ病があります。甲状腺機能低下症で代表的なのは橋本病です。甲状腺は新陳代謝に影響を与える甲状腺ホルモンの分泌を担います。

 
ですが、この甲状腺にトラブルが起きて甲状腺ホルモンの分泌量が多過ぎたり、少な過ぎたりすると甲状腺の病気を招きます。甲状腺疾患で起こる症状はいろいろですが、脱毛の際に問題になるのが、皮膚乾燥や発汗、免疫機能が落ちる事です。

 
一般にクリニックで受ける医療レーザーよりサロンで受ける光脱毛の方が出力が弱くサロンの方が肌や毛穴に与えるダメージは小さいとされています。ですが甲状腺疾患がある人は皮膚が乾燥していたり、施術をしている時に異常に多い発汗が見られたりする事もあります。

 
このような人は肌に多大なダメージを負わしてしまうリスクがあります。さらには免疫機能の乱れが施術をする事によってより強くなる事もありますので、甲状腺疾患がある人の施術を断る所も多いのです。

・甲状腺疾患の人が脱毛を受けたい時は

甲状腺の人は施術には不利ですが、甲状腺の病気自体が脱毛効果に大きな影響を与える事は少なくて、脱毛の時に使う光やレーザーなども病状に大きな影響を与える事はあまり心配はないです。しかし、多くのサロンでは甲状腺の病気がある人は施術を断るのです。

 
その理由はもしも施術中に事故が起きた時にはその後のフォローができないからです。サロンやエステなどは何か問題が起きた時に医学的な処置ができません。ですからサロンなどでは甲状腺疾患のある人は断られるのです。

 
では受ける事ができないかと言うとそうではありません。担当医に相談して同意書を得る事ができればサロンでも施術を受ける事ができる事が多いです。ですが、何かあった時の事が不安なら医師がいるクリニックでの脱毛をお勧めします。

 
クリニックでの脱毛なら医師がいますから、何かトラブルが起きても対処してもらえるからです。甲状腺疾患を持っている人は脱毛を受けにくい面もありますが、受ける事はできます。

 
もしもの事が心配ならクリニックで受けるようにしましょう。