銀座カラーでの全身脱毛の体験口コミ

銀座カラーに通っている私の体験談で、通う決めてとなったポイントや施術の様子などをお伝えしたいと思います。

■銀座カラーに決めた理由

現在、多くの脱毛エステサロンがありますが、私は、

 

①料金がリーズナブル

②通いやすい場所

③予約がとりやすい

という点から銀座カラーに決めました。
また、実際通ってみて、ここに決めて良かったと思うこともありました。
①料金がリーズナブルという点ですが、プランは豊富で、個人の要望によってプランや料金を決められます。私の場合は、全身希望で毛が濃いこともあったので、全身脱毛の無期限コースを選びました。
現在は、もっとかなり安いようですが、私の通い始めた頃の料金は、40万以上になりましたが(今はおそらく半額くらいか、もっと安くなっているようです)、ローンを組んでもらい、分割で月々10,000円ほど支払い、3年半ほどで完済いたしました。ローンについては、私は月10,000円ほどに設定いたしましたが、月々の返済額も希望を聞いてもらえます。
②通いやすい立地ですが、店舗数が多く、私は大阪在住なので、主に心斎橋店で施術してもらいました。アクセスの良い場所で、施術終わった後は帰りに買い物もでき、とても便利でした。

 

③予約がとりやすい点ですが、Webサイトの管理ページからも予約できますが、施術後に予約をするかを聞かれるので、その都度、日時の希望を伝えて、予約をとっていただきました。平日では確実というほど予約がとれ、時間は少し希望とずれることもありましたが、ほとんど希望通りに予約できます。

■施術の様子(全体)について

施術については、脱毛経験のなければ、とても気になる点だと思います。
まずはじめに、施術場所になるカーテンで仕切られた部屋の一つに案内され、着替えます。
私の場合全身脱毛でしたので、ボタンのついたキャミソールのような服を着ます。着替え終わったくらいにスタッフの方に準備できたか声をかけられ、着替え終わったことを伝えると、機械の準備をした後、施術がはじまります。毎回、仰向けとうつ伏せに分けて行います。
仰向けの施術の際は、光脱毛ということもあるかもしれませんが、顔にタオルをかけていただくという配慮があります。
施術の時に塗るジェルがありますが、特に仰向けでお腹などに乗せられる時はとても冷たく感じ、痛みと同じように少し我慢が必要ですが、光をあててもらい始めると冷たさも感じなくなってきます。
私が通い始めた当初は、一か所ずつ光をあてていたため、とても時間がかかっていましたが、最近では、ローラーのような一気に光を当てられる器具での施術が可能になり、時間も短縮されています。部位によっては、今でも、一か所ずつあてています。
各施術の部位を変えていくたびに、はじめる場所や、痛みや違和感がないかを声掛けをしていただき、とても丁寧に対応していただきます。
各部位には、最後に肌を冷やし、美容成分のあるミストをかけて終わります。

■痛みについて

痛みについては、個人差があるようです。
私の場合は、特に通い初めの頃で、濃い毛が多い部分は、チクッとした痛みが多くありました。最初の頃は大変ですが、痛みを乗り越えて毛自体も薄くなってくると、ほぼ痛みをなく施術を終えるようになります。
また、スタッフに方に何度も声かけをしていただき、あまりに痛いときは、おっしゃってくださいなどと言われているので、無理に我慢しなくてよいと安心できます。

■VIO脱毛について

施術前に、ティーパックのような紙パンツを履きます。
VとIは仰向けで行います。
大体どの部位もそうですが、特に通い初めの頃は、毛が濃いため、VもIも痛みがありました。
特に、Vは面積が広いので、私の場合は、特に初めの頃は痛みがひどかったです。IはVほど痛みはありませでした。
Oはうつ伏せで行います。私の場合、Oについては、VやIほどの痛みはあまり感じませんでした。
VIOについては脱毛はしたいけど恥ずかしいなど、気持ちの面で不安もありましたが、何度か通ううちに、痛みの減少とともに慣れもあるせいか、初めほど不安はなくなりました。

 

VIO脱毛はVIO専門の脱毛サロンでやりたいという方は下記サイトを参考に!

VIO脱毛がオススメのサロン&クリニック【決定版】

■顔脱毛について

銀座カラーでは、顔については、全身脱毛に含まれておらず、ポイントを買って、顔脱毛にあてるなどにしなくてはいけないです。
施術前のクレンジングは、エステでマッサージしてもらっているようでとても気持ち良いです。
体のほかの部位より薄い毛が多いので痛みもなく、時間もそれほどかかりませんが、丁寧に施術していただき、最後にパックのプレゼントももらえました。

■脱毛効果

毛が薄くなり、毛が見えなくなるまでの時間については、個人差があるようです。
私は、3年以上通っておりますが、効果が表れた箇所もあれば、まだまだという箇所もあります。
効果としては、濃い毛のほうが効果が大きく見られるようです。
私の場合、足の毛が多くて濃かったので、どうにかしたいと思っていましたが、今では、足の毛が一番薄く感じます。
通う前は、自己処理も毎日のようにしていましたが、今は、施術前にしかしないほどになりました。
乾燥していると、あまり施術の効果も表れにくいようで、特に冬は、保湿してくだいとスタッフの方によく言われます。

 

■良かった点

常に肌のことを考えていただき、肌が例えば乾燥している場合は、できませんとはっきり言われることもあります。
また、施術終わりには、美容成分を肌の奥まで浸透させるといわれる、肌に良いミストをかけてもらえます。
施術中も細かく声をかけてくださって、丁寧で、スタッフの方の気遣いがとてもすごいと思う点です。
毎回施術後に、ハーブティーが出され、ちょっと得した気分になります。

銀座カラーの公式サイト

脱毛の知識、雑学について

脱毛とは人間の身体に生えている体毛を除去することをいいます。毛を生えにくくしたり、薄くしたりします。昔は脱毛といったら女性だけ行っていましたが今現在では男性の脱毛も流行ってきています。

 

最近では、脱毛だけでは呼ばずに医療レーザー脱毛、脱毛サロンの脱毛、針と電気を使った脱毛、ブラジリアンワックス脱毛、家庭用脱毛器の光線を照射するなどと言ったりするようです。そんな脱毛の知識や、雑学についての説明をしていきたいと思います。

【1.脱毛は何歳からできるのか】

身体に生えている毛は20歳をこえた大人だけが気にするものではなく、思春期の年齢になれば女の子は気になったりします。脱毛はそのエステによって違いはありますが3歳からできるエステもあったり、12歳からできたりしますが、平均的には16歳からになります。

 

女性は成長するにつれてホルモンバランスも変化してきます。特に1番毛が目立ってくるのが、思春期を迎える10代前半と言われています。だいたい脱毛を考えたりするなら、生理がはじまってからが良いようです。生理がはじまって周期的にホルモンバランスも安定してくるのでこの時期からなら身体も大人になってきているので大丈夫なのです。

 

しかし思春期の時期のお肌は、とてもデリケートなのでお肌のトラブルもおきやすくなるので子どもが脱毛する場合には注意をしながら行うようにしましょう。

【2.脱毛ができない人とは】

脱毛は誰でもできるわけではないのです。基本的には肌や身体の健康状態が良い人しか脱毛をすることができないのです。脱毛ができない人がどんな状態の人かといいますとまず1つ目が、熱や風邪で体調が悪い人です。

 

2つ目は、生理中の女性になります。3つ目は、妊娠をしている女性、授乳中の女性です。4つ目は、脱毛の前日や当日に飲酒をしている人です。

 

5つ目は、脱毛前後に日焼けをしている人です。6つ目は、脱毛の一週間前に予防接種をした人です。このような女性は脱毛を受けることができないのです。

【3.脱毛した後の注意点について】

脱毛をした後の当日は、日焼け止めを必ず使用します。脱毛を行った後のお肌はとても敏感になっています。日焼け止めを塗って肌を保護して日焼けをしないようにしましょう。お家に帰ってからは、お肌が火照っているため保冷剤や冷やしたタオルなどで冷やすようにします。

 

クリニックやエステサロンから軟膏材をもらったら使うようにしましょう。もしも、もらえなかったら、ボディクリームなどを使用して保湿するようにしましょう。シャワーを浴びる場合なども温めないで冷やす努力をしましょう。脱毛をした後は毛を抜いてはいけません。

 

間違って抜いてしまったら、次回脱毛をすることができなくなるのです。また、ワックス脱毛や、ピンセットも同じで使用してはいけないのです。もしも脱毛をした後にでも処理をしたくなったら、剃るだけにしましょう。

【4.脱毛が断られてしまう疾患について】

脱毛が断られてしまう疾患1つ目は、てんかんです。てんかんは、発作をおこすことで意識が消失して動作が停止したり、痙攣をおこしてしまったりします。

 

熱エネルギーを発生させる光脱毛は、てんかんの人には行ってはいけないのです。2つ目は、甲状腺の疾患になります。甲状腺疾患の方が飲んでいる薬は脱毛の機械とは相性が悪いからになります。

 

3つ目は、心疾患になります。脱毛をするときに感じる痛みや刺激が病気を悪化させたりするからになります。

【4.毛周期とは】

脱毛をするときにホームページなどで毛周期に合わせてなどと書いてあったりします。毛周期とは主に成長期、退行期、休止期となります。成長期とは、毛母細胞に栄養が送られ細胞分裂が活発に行われて体の毛が太く長く成長していて伸びる時期をいいます。

 

退行期とは、体毛の成長が止まり抜ける準備をはじめます。毛母細胞の分裂もこの時期にはとまります。休止期とは、細胞は穏やかになります。体毛は自然と抜けていき次に生える準備もします。成長期に脱毛をするのが良いようです。

参考:毛周期について

【5.脱毛の流れについて】

脱毛を1度もした経験がない人は脱毛がどんな流れで行うか分からないと思います。エステサロンで行う脱毛の流れとしては、インターネットや電話、公式サイトなどで通いたいエステの予約をします。

 

まずはカウンセリングからになります。カウンセリングではお肌の状態や今まで脱毛経験はあるか、病気や通院をしているかどうかなどのお肌と身体の健康状態の確認を行います。このときに脱毛について質問をしたり、不安や悩みがあったら話しを聞いてもらえます。次に光を照射する部位を消毒したりします。

 

照射部位にうるおい成分が配合されている専用ジェルを塗布します。光を照射します。ジェルを吹きとった後に冷やしたガーゼや専用の保冷剤で冷却をします。最後に着替えなどをして会計、次回の予約をとって終了になります。