甲状腺疾患の人は脱毛施術を受けにくい その理由は?

脱毛をして綺麗になりたい女性はたくさんいます。しかし、中には脱毛施術を受けにくい人もいます。。それは病気のある人です。ここでは脱毛施術に不利になる甲状腺疾患と脱毛の関係性について知りましょう。

・甲状腺疾患とは何か

甲状腺疾患とは甲状腺に関係する病気の総称を言います。甲状腺の病気にはいくつか種類があります。ホルモン合成や分泌に異常を起こす機能亢進症。ホルモンの猛省や分泌が落ちる事で起こる機能低下症です。

 
これら2つに大きくは分類できます。甲状腺機能亢進症は良く知られているものにはバセドウ病があります。甲状腺機能低下症で代表的なのは橋本病です。甲状腺は新陳代謝に影響を与える甲状腺ホルモンの分泌を担います。

 
ですが、この甲状腺にトラブルが起きて甲状腺ホルモンの分泌量が多過ぎたり、少な過ぎたりすると甲状腺の病気を招きます。甲状腺疾患で起こる症状はいろいろですが、脱毛の際に問題になるのが、皮膚乾燥や発汗、免疫機能が落ちる事です。

 
一般にクリニックで受ける医療レーザーよりサロンで受ける光脱毛の方が出力が弱くサロンの方が肌や毛穴に与えるダメージは小さいとされています。ですが甲状腺疾患がある人は皮膚が乾燥していたり、施術をしている時に異常に多い発汗が見られたりする事もあります。

 
このような人は肌に多大なダメージを負わしてしまうリスクがあります。さらには免疫機能の乱れが施術をする事によってより強くなる事もありますので、甲状腺疾患がある人の施術を断る所も多いのです。

・甲状腺疾患の人が脱毛を受けたい時は

甲状腺の人は施術には不利ですが、甲状腺の病気自体が脱毛効果に大きな影響を与える事は少なくて、脱毛の時に使う光やレーザーなども病状に大きな影響を与える事はあまり心配はないです。しかし、多くのサロンでは甲状腺の病気がある人は施術を断るのです。

 
その理由はもしも施術中に事故が起きた時にはその後のフォローができないからです。サロンやエステなどは何か問題が起きた時に医学的な処置ができません。ですからサロンなどでは甲状腺疾患のある人は断られるのです。

 
では受ける事ができないかと言うとそうではありません。担当医に相談して同意書を得る事ができればサロンでも施術を受ける事ができる事が多いです。ですが、何かあった時の事が不安なら医師がいるクリニックでの脱毛をお勧めします。

 
クリニックでの脱毛なら医師がいますから、何かトラブルが起きても対処してもらえるからです。甲状腺疾患を持っている人は脱毛を受けにくい面もありますが、受ける事はできます。

 
もしもの事が心配ならクリニックで受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です